腕時計の豆知識

腕時計の電池交換

腕時計の電池交換作業 いきなりですが、腕時計の電池交換を自分で行う事は全くお勧めできません。
私が自分の時計が電池切れになっても迷いなく時計修理業者に出すでしょう。

理由をあげればいくつも考えられますが、主なデメリットには、以下のような事が挙げられます。

その1:裏ぶたの開閉は難易度が高い
その2:裏ぶたを開けると防水性能が劣化する
その3:保証期間内であっても、メーカー保証対象外となる

などなど、特に100m以上の防水時計は、パッキン交換も合わせて行う事で、防水性が確保できます。 時計の電池交換は、メーカーまたは、専門の時計店の方に依頼されるのがベストです。

それでも自分で、というチャレンジャーの方も、専用工具は最低限用意しましょう。 以下に多いタイプの調整方法をご紹介しますが、あくまで自己責任で・・・。

腕時計の電池交換の基本

1.パーツの構造

腕時計の裏ぶたとパッキン 腕時計の裏ぶたをあけると、多くの腕時計で、裏ぶたの周りにパッキンがはめこんであります。出来ればパッキンも合わせて交換したいところですが、用意が難しい場合は、なくしたり、ちぎってしまわないよう注意しましょう。

2.電池の取り外し方

腕時計の電池の場所 裏ぶたを開けてみると、写真のようなボタン電池がどこかに見えるでしょう。外し方はモデルによってまちまちですが、電池が落下しないように押さえてあるパーツをピンセットでスライドさせる、または近くにある小さな穴を押すことで、ロックが外れて電池が取り外しできるようになるモデルがほとんどです。 裏ぶたを開けて、場合によっては、ムーブメントを抑えてあるプラスチックを外して、それでも時計の電池が見当たらない場合は・・・引き返すことも考えましょう!

3.電池の品番の見方

腕時計の電池の種類 腕時計に使われているボタン電池には、表面に何やら英語が記載されていますが、この部分で、時計の電池の種類を読み取ることが出来ます。これは、世界標準の規格です。知っておけば腕時計以外にも役立つかも・・??

電池の種類:先頭のアルファベット2文字が、電池の種類を表しています。(例)CR=リチウム電池、LR=アルカリボタン電池など。腕時計はほとんどがリチウム電池を使用しています。

電池のサイズ:アルファベットに続いて記載されている4文字の数字が、電池のサイズです。初めの2ケタが電池の直径、後ろの2ケタが電池の高さ(厚み)となります。単位は前者がミリ単位、後者が0.1mm単位となります。
よって、CR1632と記載してあれば、直径16mm 高さ3.2mmのリチウム電池となるわけです。 メーカーは別でももちろん構いませんが、同じ品番の電池と交換するようにしましょう。

腕時計の電池交換:食いつき式

1.食いつき式電池交換の見分け方

食いつき式の電池交換 裏ぶたがしっかりはまったタイプで、比較的低価格帯のモデルに多くみられます。 写真のように、平な裏ぶたが特徴です。裏ぶたの周りを注意深く見ていくと、少しくぼんだ部分がありますので、そこが開け口です。

2.食いつき式の裏ぶたの開閉方法

腕時計工具:ナイフオープナー 開け口の部分に、ナイフオープナーの刃を差し込んで、こじ開けます。滑ると一気に傷が付きますので、十分ご注意を。さらに、古いモデルでは、非常に硬く逆に裏ぶたが割れてしまうといった事例もあります。無理な力をかけないよう細心の注意を払って作業しましょう。 電池交換を行った後は、かちっとはまるまで裏ぶたをはめこみましょう。(自分で開けると、ここでしまらなくなるという悲劇が結構発生します。)

腕時計の電池交換:スクリューバック式

1.スクリューバック式電池交換の見分け方

スクリューバック式の電池交換1スクリューバック式は防水時計に多いタイプです。裏ぶたがねじ込み式となっておりますので、高い防水性を誇ります。写真のように、裏ぶたの周りにくぼみがあり、その数によって、4点式や、6点式等と呼ばれます。

2.スクリューバック式の裏ぶたの開閉用工具

スクリューバック式の電池交換2 スクリューバック式の裏ぶた開閉には、画像のような工具を使います。ちょっと豪華な腕時計用の工具セットにはだいたい含まれています。

3.スクリューバック式の裏ぶたの開閉方法

スクリューバック式の電池交換3 画像のように、工具の突起を裏ぶたの穴にしっかりと合わせて、工具が滑らないよう慎重に回していきます。押し込みながら回していくような感覚です。

腕時計の電池交換:ねじ式

1.ねじ式の電池交換

ねじ式の電池交換ねじ式は最も分かりやすいタイプですが、径のあった精密ドライバーを使わないとねじ山がつぶれてしまい、裏ぶたが開けられなくなることもありますので、ご注意を!

腕時計の電池交換:コイン式

1.コイン式の電池交換

コイン式の電池交換名前の通り、コインで裏ぶたを回すタイプです。アウトドアウォッチに多いタイプです。

腕時計の電池交換サービス

自宅まで引き取り!ぽっきり価格の電池交換

腕時計の電池交換
ネットで申し込んで、自宅まで引き取りしてくれる腕時計の電池交換サービスのご紹介です。

明瞭価格 腕時計のグレードに応じて2100-3675円。往復送料込みのぽっきりプライスなので安心

プロの技術者が対応 大手時計メーカーとも連携している修理工房での対応なので、ほとんどのパーツが調達可能。

手間いらずのネット申込 インターネットより申込をすれば、自宅まで引き取りに来てくれるので忙しい方にもぴったり。専用の梱包BOXを持って運送会社がお伺いするので、その場で腕時計を外して引き渡すだけ。通常1週間以内の返却となります。


申込は楽天市場で可能な電池交換サービスです。
腕時計電池交換サービス