腕時計の用語集

腕時計の用語集

よく使われる時計用語を解説するコーナー クロノグラフって一体なに? など聞くに聞けない疑問もこれで解決!?

ア行
アナデジ表示
同一文字盤に、液晶と針が配置され、時刻のデジタル、アナログの両表示を行う。
アラーム
設定時刻を迎えたことを知らせる機能。音とバイブレーションがある。
エコドライブ
シチズンが開発した光発電システム。太陽光を受けて発電し、駆動する。余剰電力は2次電池に蓄えられるため、光のないところでも長時間駆動が可能。
オートマタ
直訳すればからくり人形。文字盤やケースバックに配置され、人や物が動く。ムーブメントに連動するタイプと独立機構を持つものが存在する。
カ行
回転計算尺
パイロットのために考案された計算機能。べぜルや、文字盤に刻まれた数値、時刻をかけ合わせたりすることにより、さまざまな計算を可能とする。複雑な計算のため、実際に使いこなしている人は少ないと思われる。
機械式時計
ぜんまいを動力源として駆動する腕時計(ムーブメント)の事。腕の振りで巻き上げを行う自動巻きとリューズで巻き上げる手巻きがある。
クォーツ
クォーツ電池を動力源として、水晶を振動させることにより駆動する腕時計。現在では主流なタイプ。
クロノグラフ
ストップウォッチ機能。経過時間を積算、記録することが可能。一般に右上のAボタンでスタート、ストップ、リスタート。右下のBボタンでリセットする。文字盤に配置されたクロノ針(長針)で、経過時間(秒)を記録し、インダイヤルで分、時間を計測するタイプが主流。
コンパスウォッチ
ケースにコンパスが内蔵された腕時計。アナログとデジタルがある。アウトドアウォッチについていることが多い。
GMT針
時間針、分針、秒針の他に、配置された第四の針により、1本の腕時計で同時に2つの時間を確認することが可能。連動して調整を行うタイプと、別々に修正可能なタイプが存在する。GMT針の表示は24時間表示が一般的。
サ行
ジャンピングアワー
時間の切り替わり時に、瞬時に針が動き、文字盤上にばらばらに配置された次の時刻へ移動する機能。
スーパールミノヴァ
トリチウム系の塗料の一種。少量でも安定した発光を実現し、さまざまなタイプに使われている蓄光塗料。
タ行
耐磁機構
航空機のコックピット内に飛び交う磁気からムーブメントを守るために開発されたケースの機構。パソコン、携帯電話などの発達した現在では必須機能。
タキメーター
文字盤やべぜルに刻まれた目盛りでクロノ針と組み合わせて使う。自動車の速度や生産量の算出など、さまざまな計算が可能。
デイデイト表示
カレンダー機能。デイは曜日、デイトは日付表示のこと。文字盤に小窓が設置されているタイプが一般的。
T25表記
自己発光式ガスカプセルに使用される放射性物質トリチウムが、日本国内で定められた25mci以下であることを表記した刻印。ルミノックスやトレーサーなどに刻印されている。
デュアルタイム
メインの時刻表示のほか、文字盤上にもう一つのダイヤルを設け、異なるタイムゾーンの時刻を表示する機能。3地点の時刻を表示するトリプルタイムも存在する。
テレメーター
クロノ針との組み合わせで使用する目盛り。光が発せられた時点で、クロノグラフをスタートし、音が聞こえた時点でストップすることにより、現在位置からの距離を測定できる。
電波時計
標準時刻電波を受信し、誤差が10万年に1秒という正確な時刻を刻む時計。電波の発信局は、佐賀県のはがね山(60KHz)、福島県のおおたかど山(40KHz)が存在し、それぞれ東日本、西日本とほぼ日本全国をカバーしている。最近では両極対応のものがほとんど。
トウルビヨン
地球の重力によって生じるムーブメントの誤差を補正し、高い精度を誇る複雑機構。
ハ行
パーペチュアルカレンダー
月別の30日、31日のずれの他、うるう年までも計算に入れて日付切り替えを行うパーペチュアルカレンダー(万年カレンダー)。2100年には調整が必要となるモデルも多い。
パワーリザーブ
機械式時計のぜんまいの巻き上げ量を表示する機能。
ビッグデイト
十の位と一の位をそれぞれ分けたカレンダー表示を行う。通常のカレンダーに比べ、高い視認性を実現。
マ行
マイクロガスライト
通常の夜光塗料の約100倍という明るさを誇る夜光塗料。さらに10年以上の長寿命を誇る。ガスの名前から[H3]とも呼ばれる。
ムーンフェイズ
文字盤に月の満ち欠けを表示する天体時計の機構。デザインとしても用いられる事も多い。太陽と月で午前、午後を表示するサン&ムーン機能のオリジナル。
ヤ・ラ・ワ行
レギュレーター
すべての針が、独立したダイヤルに表示され、時刻を誤って認識することを防ぐ機能。一般の時計に慣れ親しんだからすると、逆に分かりづらいとの声も
レトログラード
扇形の表示欄に沿って、針が最後まで動いたのちに、瞬時に起点まで戻り、運針を再開する。秒表示や、曜日、日付表示に使われる場合がある。
ワールドタイム
世界の主要都市の時刻を、ひとつの文字盤上で確認できる機能。あらかじめ都市名が記載された回転ディスクによって表示させる場合が多い。